事故ったら

現役レーサーが教えるバイク初心者のためのランディングテクニック

MENU

事故ったら

まず一人だけの事故の場合、
自分が動ける状態ならば後続車に事故を知らせることが大切です。
バイクが道路に横たわっていて
すぐに動かせない時などはとても危険です。

 

もしかしたら後ろからバイクや車が来るかもしれません。
転倒したバイクにぶつかって二重事故になったら大変です。
後続車に知らせてすぐにバイクを安全な場所に移動しましょう。

 

次に相手がいる時の事故です。
相手は車、バイク、そして人の場合が考えられます。
いずれにしても自分が動ける状態ならばすぐに相手の状態を確認しましょう。
そしてやはりここでも二重事故にならないように後続車に知らせることです。

 

相手の怪我がひどい場合はすぐに救急車を呼ぶことです。
そして、
一人での事故も相手のいる事故も必ず警察に連絡しましょう。

 

事故現場は物言わぬ証言者です。
警察が状況証拠を揃えて書類をだすことで保険が下りるし、
事故の過失割合を決めたりするのです。

 

物損だからといって知らせなくて良いということはありません。
当事者同士で話し合えばいいからと
警察に知らせなくて
後からトラブルになるケースが多くあります。
どんな事故でも必ず警察に連絡しましょう。

 

同時に強制保険と別に任意保険に加入している人は
保険会社にすぐに知らせましょう。
担当者が書類作成から事後交渉までやってくれます。

 

大きな事故で入院でもしたら
手続きどころじゃないですから助かります。
事故は一瞬、その後は長いもの。

 

私も一度だけ人身事故を起こしました。
接触したかしないかもよく分からないほどの事故でしたが
相手が高齢者だったため入院になりました。
何日かして圧迫骨折だったことが分かり
結局三ヶ月の入院となって
治療代は200万近くに上っていました。

 

治療代ももちろんですが
怪我をさせた相手に対する心使いも必要だなと
実感したものです。

 

突然にやってくる事故。
被害者にも加害者にもならないように
したいものです。



 

 

ライテク上達マニュアル売れ筋ランキング

バイク

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)の特徴>>

5年以上もの間続く、ロングセラー商品。DVDレッスンだけではなく、購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会も大人気! バイクの技術をあげて、ツーリング仲間も増やす! バイク初心者、必見の大ヒットマニュアルです。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜の特徴>>

1位の基本マニュアルの上級編に位置するDVDマニュアル。ワインディングに特化した専門DVDだからこそ、伝えられるワインディングの極秘テクニック。こちらも購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会付き。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜の特徴>>

ハーレーダビッドソン、アメリカンバイク専門DVDマニュアル。あなたも自由自在に鉄馬を乗りこなし、地平線へと続く道を風のように颯爽と走ってみませんか?

事故ったら関連ページ

転倒
回避の練習
保険