雨の日の安全走行

現役レーサーが教えるバイク初心者のためのランディングテクニック

MENU

雨の日の安全走行

雨の日には視界が悪くなることは常識ですが
バイクは余計に走りづらい状態になります。

 

雨天時の薄暗い中
ヘルメットのシールド越しに見る景色は
予想以上に暗くて見にくいものです。
スモークタイプのシールドなどをつけていたら怖いくらいです。

 

私も突然の雨で暗くなった時、
スモークシールドでしたが怖くて走れませんでした。
雨が降りそうな時や夕方遅くなりそうな時は
クリアシールドに変える位の用心さも必要だと思います。
なおかつ水滴がきれいにはじけるようにしておけば安心です。

 

次に雨の時はすぐにレインスーツを着ましょう。
冬はもちろんですが
夏でも雨に打たれると体温が奪われます。
レインスーツは必ず持ち歩くように。

 

雨の日の走行で一番気をつけなければ行けないのは「ブレーキ」です。
車も同じですが、バイクは車よりもブレーキには
神経を使わなければいけないのです。

 

路面はとても滑りやすくなっています。
ドライの路面と同じ感覚でブレーキをかけると、
タイヤがロックして最悪は転倒に繋がります。

 

カーブを曲がる時もあまりにバイクを寝かせると危険です。
急にブレーキをかけたり、急に発進したり、急に加速したりなど、
急が付く動作はやめた方がいいでしょう。

 

そしてあまりに雨あしがひどくなったら雨宿りをお勧めします。
特に山での雨には雷がつきものです。
雷がなっている時は非常に危険です。
すぐに安全な場所にバイクをとめて雨宿りをしましょう。

 

基本的には雨の日にはバイクには乗らない方がいいのですが、
急な雨は仕方ありません。
ドライ路面よりも確実に制動距離も長くなり、
バイクも不安定になりますから
それを頭に入れて走ってくださいね。



 

 

ライテク上達マニュアル売れ筋ランキング

バイク

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)の特徴>>

5年以上もの間続く、ロングセラー商品。DVDレッスンだけではなく、購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会も大人気! バイクの技術をあげて、ツーリング仲間も増やす! バイク初心者、必見の大ヒットマニュアルです。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜の特徴>>

1位の基本マニュアルの上級編に位置するDVDマニュアル。ワインディングに特化した専門DVDだからこそ、伝えられるワインディングの極秘テクニック。こちらも購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会付き。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜の特徴>>

ハーレーダビッドソン、アメリカンバイク専門DVDマニュアル。あなたも自由自在に鉄馬を乗りこなし、地平線へと続く道を風のように颯爽と走ってみませんか?