雪の日の安全走行

現役レーサーが教えるバイク初心者のためのランディングテクニック

MENU

雪の日の安全走行

私の住む九州では積雪することがめったにありません。
しかし山には雪が降るので冬場は海方面を走ります。

 

雪の日にバイクで走ることは一言で言えば無謀です。
絶対にやめましょう。

 

やめたほうが良い理由は
タイヤがグリップしないので前に進まないし、
横にも滑ってコントロールが取れなくなるから。

 

エンジンはマイナス20度くらいの気温でも大丈夫なのですが
滑るのが問題なのです。

 

市街地では降り始めのフワフワの雪の状態や、
溶けかかってシャーベット状になっている雪では
用心すればどうにか乗れなくもないでしょう。
しかし、凍結していたり車のタイヤで踏み固められている状態の雪は無理です。
雪と言うよりすでに氷のようなものですから。

 

ちょっと横道にそれますが
雪と似たような路面状況のひとつに
濡れた落ち葉が散乱した状態があります。
雨の後の山道を走る時は気をつけましょう。

 

濡れた落ち葉はとても滑りやすくて危険なのです。
日陰の道、台風の後、秋の山は
落ち葉によるスリップに注意です。。

 

話しをもとに戻します。
どうしても雪の日に走らなければいけなくなったら
タイヤを交換するか
緊急策として丈夫なロープを
らせん状にホイルとタイヤに巻く...。

 

この状態で両足はいつでも対処できるように出して
ゆっくりとろとろと走るしかないでしょう。
そしていつ何があっても自分の逃げ道があるように
周りに場所を確保して転倒を前提に走る、
これが雪の中を走行するに当たっての覚悟とも言えるでしょう。

 

出来れば...その日は公共の乗り物か、
タクシーでも仕方ないと諦めて。

 

もし転倒したら電車代ではすみませんから。
原則は「乗らない」ことです。



 

 

ライテク上達マニュアル売れ筋ランキング

バイク

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)の特徴>>

5年以上もの間続く、ロングセラー商品。DVDレッスンだけではなく、購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会も大人気! バイクの技術をあげて、ツーリング仲間も増やす! バイク初心者、必見の大ヒットマニュアルです。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜の特徴>>

1位の基本マニュアルの上級編に位置するDVDマニュアル。ワインディングに特化した専門DVDだからこそ、伝えられるワインディングの極秘テクニック。こちらも購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会付き。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜の特徴>>

ハーレーダビッドソン、アメリカンバイク専門DVDマニュアル。あなたも自由自在に鉄馬を乗りこなし、地平線へと続く道を風のように颯爽と走ってみませんか?