引き起こしのコツ

現役レーサーが教えるバイク初心者のためのランディングテクニック

MENU

引き起こしのコツ

バイクの免許をとる時にはまず、
「引き起こし」のテストがあります。

 

出来なくても試験が不合格になる訳ではありませんが、
事前審査のようなもので、とても緊張したのを覚えています。

 

バイクを起こせないと一人でのツーリングが不安です。
どこでどう転倒したり、バイクが倒れるか分かりませんから、
最低限出来なければいけないことなのです。

 

バイクを起こすときのコツは、
持ち上げるというよりも下から上に押すといった感じです。
力で引き起こしがちですが
これでは力の弱い人や女性は無理です。

 

教習所のバイクには転倒時のダメージを少なくするために
ロールバーがついています。
ですから転倒しても完全にバイクが倒れることはありません。
わずかにあいた地面との隙間に腰を入れて、
足と体全体でバイクを押す感じで起こしましょう。

 

このときに注意する点です。
バイクが右に転倒しているときはサイドスタンドを出して起こしましょう。
左に転倒しているときは起こした勢いで
バイクを反対側に倒さないように気をつけましょう。

 

ちょっとしたコツをつかめば
体格の小さな女性ライダーでも、
大型バイクを引き起こすことは可能です。

 

ただ、一般のバイクにはロールバーがついていませんから、
教習所よりもバイクが地面に平行に倒れることになります。

 

少し要領が違ってくるでしょうが
基本的には同じことです。
もしもの時のために練習あるのみですね。

 

引き起こしと同じくらいに重要なテクニックに
「取り回し」があります。
これがなかなか難しいのです。

 

私もバイク歴は長いのですが、
低速時のバイクの扱いと、この取り回しには正直自信がありません。

 

バイクはバランスの乗り物ですが、
この取り回しの時にもそれは関係していて、
微妙なバランスがバイクを重い鉄の塊にも、
そうではない扱いやすいものにもしてくれます。



 

 

ライテク上達マニュアル売れ筋ランキング

バイク

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)の特徴>>

5年以上もの間続く、ロングセラー商品。DVDレッスンだけではなく、購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会も大人気! バイクの技術をあげて、ツーリング仲間も増やす! バイク初心者、必見の大ヒットマニュアルです。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜の特徴>>

1位の基本マニュアルの上級編に位置するDVDマニュアル。ワインディングに特化した専門DVDだからこそ、伝えられるワインディングの極秘テクニック。こちらも購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会付き。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜の特徴>>

ハーレーダビッドソン、アメリカンバイク専門DVDマニュアル。あなたも自由自在に鉄馬を乗りこなし、地平線へと続く道を風のように颯爽と走ってみませんか?