速く走るために

現役レーサーが教えるバイク初心者のためのランディングテクニック

MENU

速く走るために

軽やかにカーブを駆け抜ける、手足のようにバイクを操り、
その挙動を知り尽くした走りをしたい…。
大型バイクの免許を取ったらだれもがそう思い描きます。

 

自分のテクニックのレベルは誰よりも自分が一番よくわかります。
速く走るために、何をすべきかをお話していきましょう。

 

速く走るために記事一覧

ライディングスクールはいろんな場所で開催されています。その中身も様々です。サーキットでレースをはじめたライダーがもっと速く、うまく走るためにうけるスクール。講師は現役でレースをしているライダーや、引退後のライダーなどが来てサーキット走行のノウハウを教えてくれるものが多くなっています。一般の道を走るライダーがもっと自分のテクニックを磨くために受けるスクールもあります。安全に止まるブレーキングの講習、...

かっこよくバイクに乗る自分を想像しているのに、実際はどんな感じで乗っているのか分からないものです。ライディングフォームは意外と個性が出るものです。フォームの形は見かけ的なものばかりではなくライディングへの支障やライダーの疲れにも影響してくるので、おかしければ改善した方がいいと思います。まずは、普段のフォームから見ていきましょう。初心者は何かと力が入りすぎる傾向にあります。初心者の特徴は上半身が硬く...

バイクに乗るうえで一番難しくて、なおかつ一番重要なのが「ブレーキング」です。スピードを出すことは簡単ですが止まる事はとても難しいのです。ブレーキをかければバイクが止まってくれると思っていませんか?それは大きな間違いです。ブレーキほどテクニックを要するものはありません。考えてみてください。二本のタイヤのあのわずかな接地面で止まらなければいけないのです。わずかな面積ですよね?ブレーキをかけるとリアのサ...

コーナーには限界速度があります。どんなプロのライダーでも限界を超えることはできません。限界のスピードの中でどれだけスムーズに無理なく、そして美しくコーナリングしていくか。ライダーの技量が問われるところですね。人によっては速ければいいという感じで危険きわまりない走りでコーナーを抜けていきます。サーキットでよく見られますが、峠道などでも見るときがあります。コーナーだけにこだわると言うよりも、コーナーを...

日本ではハングオンの呼び名の方が馴染みがありますが、本来はハングオフと言います。バイクでコーナリングをするときの独特のフォームのことです。信じられないようなバンク角、体の一部が路面についてしまうほどの独特の形がバイクファンならずともライダーにも人気のテクニックです。しかし、この形ばかりにとらわれると滑稽なことに。「無理膝」と呼ばれ膝が路面にあたることに満足する困ったライダーがいるのも事実です。そも...

スラロームは別名「進路転換コース」と呼ばれる教習所で習うテクニックです。一定の距離に置かれたパイロンに接触しないように走行しなければいけません。体重移動によるバイクの倒しこみができるか、スロットルワークでのバイクの操作ができるか、ふらつかないで障害物をよけて通過できるか、ブレーキを使ったスピード調節ができるかなどを見られます。スラロームで失敗しやすい点を挙げてみましょう。○スピードの調節がうまく出...

ライテク上達マニュアル売れ筋ランキング

バイク

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)の特徴>>

5年以上もの間続く、ロングセラー商品。DVDレッスンだけではなく、購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会も大人気! バイクの技術をあげて、ツーリング仲間も増やす! バイク初心者、必見の大ヒットマニュアルです。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜の特徴>>

1位の基本マニュアルの上級編に位置するDVDマニュアル。ワインディングに特化した専門DVDだからこそ、伝えられるワインディングの極秘テクニック。こちらも購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会付き。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜の特徴>>

ハーレーダビッドソン、アメリカンバイク専門DVDマニュアル。あなたも自由自在に鉄馬を乗りこなし、地平線へと続く道を風のように颯爽と走ってみませんか?