ライディングフォーム

現役レーサーが教えるバイク初心者のためのランディングテクニック

MENU

ライディングフォーム

かっこよくバイクに乗る自分を想像しているのに、
実際はどんな感じで乗っているのか分からないものです。

 

ライディングフォームは意外と個性が出るものです。
フォームの形は見かけ的なものばかりではなく
ライディングへの支障や
ライダーの疲れにも影響してくるので、
おかしければ改善した方がいいと思います。

 

まずは、普段のフォームから見ていきましょう。
初心者は何かと力が入りすぎる傾向にあります。
初心者の特徴は上半身が硬くてゆとりがないフォーム。
見ただけで初心者と分かるものです。

 

バイクは下半身で乗るものですから
上半身は極端に言えば添える感覚でいいのです。
腕や肩にゆとりをもって。

 

しかし下半身はタンクをしっかりと挟み込んだ
ニーグリップで安定させましょう。

 

次にコーナーを安全に、早く、安定して曲がるためのフォームです。
やはり上半身の力でバイクをねじ伏せるようなフォームは
やめた方がいいでしょう。

 

コーナー入るときは
あくまでも下半身の体重移動でバイクを倒しこむのです。

 

次にバイクのタンクに胸をぴったりとつけるようなフォーム。
特にスポーツタイプのバイクになると前傾もきついし
タンクも大きいのでこのような形になりやすくなります。

 

バイクと一体となった感じですが、
シートに座らないことが後輪への荷重不足となり、
反対に前輪への負担が増し、
バイクの挙動に不自然さが出ます。

 

最後はシートの前方よりに乗るフォームと
後方よりに乗るフォームです。

 

前よりに乗ればやはり後輪への荷重不足となりバイクは安定しなくなり
後ろよりに乗ることは一見後輪への荷重が増しそうですが、
体が伏せ気味になるために
やはり充分な荷重がかけられずにライディングに支障が出ます。

 

適正なライディングフォームで走ることは
より速く、安全にツーリングを楽しむことに繋がっていくのです。



 

 

ライテク上達マニュアル売れ筋ランキング

バイク

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法(DVD2枚組)の特徴>>

5年以上もの間続く、ロングセラー商品。DVDレッスンだけではなく、購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会も大人気! バイクの技術をあげて、ツーリング仲間も増やす! バイク初心者、必見の大ヒットマニュアルです。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ワインディング編〜の特徴>>

1位の基本マニュアルの上級編に位置するDVDマニュアル。ワインディングに特化した専門DVDだからこそ、伝えられるワインディングの極秘テクニック。こちらも購入者限定ツーリングや1Dayレッスン会付き。

バイク

<<ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法〜ハーレー・アメリカンバイク編〜の特徴>>

ハーレーダビッドソン、アメリカンバイク専門DVDマニュアル。あなたも自由自在に鉄馬を乗りこなし、地平線へと続く道を風のように颯爽と走ってみませんか?